アラフォー1児ママの在宅ワーク雑感〜もう記憶力も曖昧な日々

『感謝されながら売る』『ふんわり稼ぐ』を実践中

○○を応援するという考え方



既にご存知の方もいると思いますが、私が実際に今収入を得ている在宅スマホワークは入会金と毎月の会費が経費としてかかります(一定の成果をクリアすれば免除になりますが・・・)

それが「負担」と思われる方は始めませんし、たった数ヶ月で辞めてしまう方もいます。

すごく


もったいない


と思いますが、個人の価値観ですので強く止めたりすることはしていないです。


私のダウンさんで毎月の会費(12,000円)の支払いが大変な方がいらっしゃいました。
会社は請求日+2週間の間に支払えば会員権利を失うことはありません。

が、私としてはかなりドキドキでした。

私のダウンさんが一人いなくなっちゃう!

というより、その方がこの在宅スマホワークで稼ぐことを生涯のビジョンとして掲げていらしたのを知っていましたし、この会社が提供している報酬プランに大変魅力を感じられているのを知っていたので、ここで辞めることになってしまったら非常に残念だなと思ったのです。

ですが、その方は支払期限ぎりぎりで会費を納め無事に今日まで会員を継続していらっしゃいます。
今も無事、個人のペースで無理なく収入につなげていらっしゃいます。


先日、この方とLINEでトークしていて、会費支払ギリギリ事件の話になりました。
そうしたら、こうおっしゃったんですよね。


「あの時、もし会費の支払が間に合わなかったら、私はもう一度入会しなおすつもりでした」

「私は、この会社から収入を得ているけれど、それと同時にこの会社のファンでもあるから、応援する気持ちで会費を払っているんです」


・・泣くかと思った。


いや、別に私に愛社精神があるわけではないんですよ。
だけど、

 

 

素晴らしすぎる


と思ったんです。



このビジネスをしていると、なんで会費がかかるのか、なんで入会金払うの?怪しい とか、
言われることもあるんですよね。


でも、この方は信念を持ってビジネスしているなと思いました。


雇われることを当たり前と思っていない。
起業の精神で、携わっていらっしゃいます。


日本人は少し、雇われることに慣れすぎています。

通勤手当もらって当たり前
住宅手当もらって当たり前
福利厚生あって当たり前
ボーナスあって当たり前


そうなのでしょうか?


私自身、サラリーをもらっている仕事も持っていますから
その気持ちはよく分かります。
20代の時は、まさにその気持ちしかなかったかもしれません。

でも、今はちょっと違います。

会社って人を雇用していることで十分社会貢献しているんじゃないかな、と。
あとは、雇い主と雇われている側はイーブンなんじゃないかな?
と思うんです。


2045年、シンギュラリティが起きた時
いや、もっと早まるかもと言われていますね、2030年とか。

その時、ワークスタイルは様変わりすると私は思っています。

それまでにどれだけ適用能力を高められるのか。
汎用性があるビジネスの手法を手に付けていられるのか。

考え始めると、今から緊張してしまうほどです。


========== 

▼目指せ!月収300万!!

goo.gl

▼メルマガから知りたいよって人はココね↓(メルマガ面白いです)↓クリック

動画の配信をさせていただくアドレスをご記入ください

 

▼直接話聞かせてって人はLINE追加してね↓
 相談でも良いですよ

友だち追加

※LINEで友達追加したあとに必ず「詳細教えて!」などコメントいただかないと
こちらからメッセージ送れない仕組みになっているようなので面倒ですが
宜しくお願いします