アラフォー1児ママの在宅ワーク雑感〜もう記憶力も曖昧な日々

『感謝されながら売る』『ゆるゆるふんわり稼ぐ』を実践中

pick up 記事

Google検索アクセス👑

ranunculus-works.hatenablog.com

 

Twitter検索アクセス👑 

ranunculus-works.hatenablog.com

 
はてなブログ検索アクセス👑

ranunculus-works.hatenablog.com

先を見据えて投資する

 こんにちは!

お昼に近くの人気中華店で焼きそばをお腹いっぱい食べてきて、今、眠気と戦いながらパソコンに向かっています。

食べても食べても麺が減らないような感覚に陥っていましたが無事食べ終えました。
なぜか頼んでもいないのにデザートまで出てきて、甘いものは別腹説を立証して参りました!(13時過ぎるとデザートはサービスだったようです)

私が日中働いている地区はオフィス街なので(道路はさんだ向かいは官公庁ばかり)ランチを食べる場所が沢山あって毎日が楽しいです。
毎日お金が出ていきます。

昨日、新しいビルがオープンしたので偵察に行ってきたんです。
どんなランチのお店が入ってるかなーと思って。

そうしたら新しいレストランの店長さんが声かけてきてくれたんです。

「今日は無料で、ランチを提供しているのでぜひ中へ入って召し上がってください!」


なんと!!
なんとーー!!!

無料(タダ)ですよ!!!


その日に限ってね、もう、普通の定食屋で普通の定食食べちゃってね。
コーヒーでも買いに行こっかぐらいのレベルで偵察に行ったんですね。



定食食べなきゃ良かった!!!!!(涙)



よほど悔しさが顔に現れていたのか、店長さんが優しく声かけてくれまして



「コーヒーだけでもどうぞ」



・・・遠慮なくコーヒーを頂いて帰りました。


店内は落ち着いたインテリアと程よいグリーンでまとめられていまして
大きめの窓から日差しがちょうどよい感じで降り注いでいました。

皆さんが召し上がっている「無料の」ランチも美味しそうでございました。

友人と「来週絶対行こう!」と誓い合っているわけですが。


よくよく考えると「無料ランチ」の広告戦略はいいことづくめなんじゃないかと思うんですよね。(味に自信があれば)

たとえばランチに200食出たとして、定価が1200円だったとすると
昨日の無料ランチ提供としての広告費は24万円。

24万円でチラシを刷ったとして、見込み客がいそうなビルに配布したとしてもリーチするのは何パーセントなんでしょうね。

ですが、無料ランチをすることで、確実にランチを口にした200名には広告内容が届くわけですよね。
それに、実際に足を運んできてくれているわけですから、今後もランチの見込み客としては想定できるわけで。

で、その人たちが周りの人にきっと自慢するわけですよね。

「あそこのランチ、オープン初日は無料だったんだよー。俺行ってきたよー」
って。

もう、いい印象しかないですよね。
太っ腹だし、美味しい みたいな。

実際、24万円の広告費は高くはないわけですし、太っ腹かと言われたら
広告費でくくるとそうではないけれど、無料のランチを出すという切り口では
太っ腹なわけです。


うまくやったなーと思いました。(実際私もコーヒー1杯で好印象抱いている・・)

これは個人のビジネスでも言えていて、一瞬目先の出費に対して懸念してしまうことがあると思うのですが、長期的に考えるとお安いもんだ、ということがよくあるんですよね。
そこに気づけるかどうかが、稼げる人なのかどうかというのに通ずると思うんです。

あとは価値観です。

私は宝くじは買わない主義なんですよね。
だいたい年に2回、宝くじってジャンボが出ますよね。
それで、10枚とか20枚とか買うわけでしょ?

人によっては当たると有名な売り場に長蛇の列覚悟で並びますよね。

それって支出としてはいくらですか?
20枚を年に2回買うとして、
300円×20枚=6,000円 × 2回 =12,000円
確実に当たるのは600円?

こういう買い方が習慣になっている人ってきっと5年とか10年とか買い続けてると思うですよね。
そうすると5年買い続けて、6万円です。

これは投資ですか?
詐欺ではないってどうして疑わないのですか?(詐欺ではないけど)

「宝くじ」という文化が定着しているから、当たらなくて当たり前という価値観があるから、だれも疑いませんよね?
1等が出る確率は、購買者の数によって公平に調整されているわけでもないのに。

でも、私がビジネスを紹介して初期費用が6万円というと疑いますよね。
詐欺ですかって。

私が案内しているビジネスは、着実に作業成果を出していけば2年後には月収100万円を超えます。その後も増え続けていきます。

6万円の出費が2年後には毎月100万円の積み立て型報酬を築き上げていく価値を
怪しいと思うのは、まだ日本にこのビジネスの文化が定着していないからなのです。

気付いている人は7年も前にこのビジネスを始めています。
たった6万円の出資で、その人は今や月収1800万円です。

少し大げさな話をしていますが、私のように子育てしながらの隙間時間30分とかでも
毎月10万円~40万円の積み立て報酬を得ているのですから。

知ったあなたは、どうするか。
決めるだけのお話です。

今日はここまで。

====================

▼BIGは買ってる(笑)

goo.gl

▼メルマガ動画から知りたいよって人はココね↓(メルマガ面白いです)↓クリック

ここから動画の配信をさせていただくアドレスをご記入ください

 

▼直接話聞かせてって人はLINE追加してね↓
 相談でも良いですよ

友だち追加

※LINEで友達追加したあとに必ず「詳細教えて!」などコメントいただかないと
こちらからメッセージ送れない仕組みになっているようなので面倒ですが
宜しくお願いします。